2013 年 4 月 のアーカイブ

4年選抜ハトマーク 決勝トーナメント進出

2013 年 4 月 21 日 日曜日

4月20日(土)荒川サッカー場にて、4年選抜ハトマーク大会予選が行われました。

2勝1分で決勝トーナメント進出が決定しました。

 

対FC北前野 △(1-1) 得点:レオン

対桜川SC  〇(9-0) 得点:ソウヤ、レオン4、ヒロト、タツヤ2、ギンノスケ

対ブルーイーグルス 〇(4-0) 得点:レオン2、ギンノスケ、タツヤ

 

初戦はやはり公式戦独特の緊張感があり、選手にかたさが見られました。

前半の決定機を外した直後、DFの裏に蹴られたボールの処理ミスで失点。

その後は緊迫した試合が続き、なかなか得点を奪えませんでした。

誰もが敗戦を覚悟した後半ロスタイム、レオンが劇的な同点ゴールを決め、試合終了。

勝ち点1のスタート…。

その後のミーティングで、もう一度アミーゴのサッカーをしようと選手全員で確認しました。

続く2試合目は開始40秒、右サイドを突破したソウヤの見事なゴール!

その後はサイドチェンジをしながら幅を使ったアミーゴサッカーを展開。ゴールを量産しました。

3年生のヒロト、タツヤの左サイドを切り裂くドリブル、ゴールも見られました。

最終戦も開始30秒でレオンが先制ゴール!試合に勢いをつけてくれました。

終わってみれば3試合で14ゴール、失点1。

攻撃的GKのコウセイ、DFリーダーとして的確なカバーリングを見せたレオナ、

果敢にオーバーラップを仕掛けたハヤ…。守備陣の活躍も見逃せません。

次はいよいよ決勝トーナメント。負けたら終わりの試合が続きます。

2月から準備を進めてきた選抜チーム。

残された日数でさらにいい準備をして、みんなで中央大会に行きましょう!

選手の頑張りに期待しています!

保護者、関係者の皆様、今後とも応援よろしくお願いします!

池田

 

 

 

 


新潟遠征報告

2013 年 4 月 3 日 水曜日

3月30日、31日で5年生中心の選抜メンバーで新潟遠征に行ってきました。昨年とは比べ物にならない程天気に恵まれました。新6年生の大会の中、当チームは新5年中心で臨みました。6チーム総当たりのリーグ戦を行い、トーナメントという形でした。

予選は4勝1分けという好成績でした。得点を獲るをテーマに臨みましたが、かなり点数も取れ、良い形も出ました。それよりも、どの試合も失点が少なくDFの頑張りが素晴らしかったと思います。

ベスト4に残り、準決勝を迎えましたが、集中力が途切れ0-4で敗戦しました。その試合の後に話しをしましたが、絶対に勝つんだという強い気持ちが感じられなかったのが残念です。せっかくベスト4に残ったのに非常にもったいない試合でした。

遠征最後の試合は3位決定戦。相手は新潟県ベスト8のチーム。前半に先制し、後半に追いつかれ1対1のままPK戦に。アミーゴは4人全員が決め、相手は1本しか入らず、勝利を手にしました。後半は相手の攻撃に防戦一方でしたが、選手全員、体をぶつけ、最後まであきらめずにボールに食らいついていました。この大会で大きく成長した壮太と俊輝の2バックはこの試合でも再三のピンチを救っていました。何より選手全員が奪われボールに必死に食らいつきはじけとばされながらもDFしていた姿に、この遠征で選手が大きく成長した姿を感じ取れました。

6年生を相手に3位というのは素晴らしい結果ですが、欲を言えば優勝も狙えたはずです。試合後にも話しましたが、大事なのは気持ちです。技術はもちろん大事ですが、どんな優れた技術を持っていても戦えない選手は良い選手にはなれません。試合で戦うこと、これが大事なことです。3位決定戦を見ていて、いつもおとなしい元来や、当たり負けする修人、運動量が少ない裕大が必死にボールを追い、スライディングまでしていました。みんなはやればできる選手です。普段からやらないだけだと思います。この試合の気持ちを常に持ち、自分の足りない技術をトレーニングする。そうすれば必ず素晴らしい選手、チームになれます。

この大会を通じ大きく選手達は成長したと思います。この経験を生かし、これからも頑張ってほしいと思います。

最後にこの大会に選ばれなかった選手達も多くいます。大事な事はあきらめず、頑張ることだよ。皆にチャンスはあります。是非このメンバーに入れるよう努力をしてください。期待しています。

金沓

005007004

 



このページのTOPへ